pagetop

杉浦仁志氏 プロフィール

大阪府生まれ。
2009年に渡米。料理業界のアカデミー賞といわれる“ジェームス・ビアード”受賞シェフジョアキム・スプリチャル氏のもと LA・NYC のミシュラン星つきレストランで感性を磨き技術を習得する。
2014年からは2年連続で、国連日本代表団レセプションパーティーにて日本代表シェフとして責務。
海外で培った国際的な食経験を通じて、ヴィーガン・プラントベースにおいての貢献活動から多数受賞歴を持ちヴィーガン料理の第一人者として脚光を浴びる。

      • 2017 年、野菜のみを使用した料理の世界大会“The Vegetarian Chance”(イタリア・ミラノ)で世界の名だたる料理人応募者の中からトップ 8 シェフに選ばれる
      • 2018 年“ザ・ベスト・オブ・シェフ 50”〈食を創造する個性が輝くシェフ〉選定
      • 2019 年“Vegetarian Award”(日本)で料理人賞受賞、など受賞歴多数。

      日本サスティナブルレストラン協会 プロジェクトアドバイザーシェフ。
      一般社団法人 J Vegan 協会理事。

現在は、より多角的な視野で食のクリエイティングから“Social Food Gastronomy”と称し食を通じた様々な社会貢献活動をはじめイノベーションを展開し、2050年に向けた次世代のシェフモデルとして注目されている。

杉浦仁志シェフ公式 https://www.hitoshisugiura.com

エグゼクティブシェフ・杉浦仁志氏

「内山果樹園」を視察して感じたこと

りんごというのは農薬なしでは育たないという印象があったのですが、青森の「内山果樹園」にうかがわせていただいて劇的に進化しているのを体感いたしました。

杉浦シェフが感銘を受けた農法の進化

りんごを健康な状態で育てるにあたって、土作りいうのが非常に重要なことです。土の中の多様な微生物がバランス良く育っていくことで良質な土を作ります。土が健全であることで、ほぼ培養水だけで育つりんごが誕生するという現実に感銘を受けています。

「八百結びのりんご」はこれからの時代に合った農業を体現

「1日1個のりんごで医者いらず」っていうくらい、りんごは健康の要素が詰まった果実です。その中で一番大切なところがポリフェノールが詰まった皮と実の間です。栄養学的にも三大栄養素から五大栄養素へ注目が集まるなか、この健康な皮ごと食べられるりんごは、これからの時代に合った農業を体現していると私は思います。