pagetop

八百結び農法®《プロジェクトレポート》世界的エグゼクティブシェフ杉浦仁志氏と地球環境と人類の健康を支える「土育」に共鳴。共同プロジェクト推進へ。

2022.04.26

土着微生物活性によって土を発酵させる「八百結び農法®」(やおむすびのうほう)は、株式会社ユナイテッドスマイルズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役専務 佐分利 清博)が企画開発する“土の健康を考える”有機微生物活性農法ブランドです。現在、未来を見つめるコンソーシアムづくりに向けた実証実験を全国各地で推進しています。

 

●「新しい土づくり」にいち早く関心を寄せた杉浦シェフ
「八百結び農法®」では、実証実験を全国各地で推進しながら、”土の健康”に関わる様々なアライアンス先とのプロジェクト推進を準備しています。このたび、「食を通じて世界をつなぐ」世界的エグゼクティブシェフ杉浦仁志氏(受賞歴多数)との共同プロジェクトを推進することが決定いたしました。杉浦シェフとは”土の健康を整えることが、「食」と「農」のあるべき姿を含み、地球の未来を整えていく”という「土育」の意識コンセプトに共鳴。「八百結び農法®」にいち早く関心を寄せていただき、2年前から実証実験農家さまに出向き「土」と「その果実」を現地で体感、関係を育んできた行動がひとつのカタチになりました。

●農作物を”使う人”の視点を取り入れたプロジェクトを推進
共同プロジェクトにおいては、「八百結び農法®」で育った農作物を使用した商品企画開発及び、ヴィーガン料理の第一人者でもある杉浦シェフとの新たなヴィーガンメニューの研究・開発などを予定しています。自然の恵みを”活かす”シェフの視点から「八百結び農法®」へ参画していただくことで、“土本来の力を育むこと”の大切さを啓発して参ります。

■杉浦仁志シェフ
杉浦仁志シェフ プロフィール および 八百結び®プロジェクト における活動はこちら

 

 

●「八百結び農法®」のめざすもの
「八百結び農法®」では引き続き全国各地の農家さまと「土本来のあるべきチカラから産まれる農作物本来のあるべきカタチ」を追求しながら、~「おいしい」と「あんしん」のその先に「地球の未来」をちゃんと考える~をモットーに、土壌微生物量の測定など各地での実証実験を基に地域経済活性の提案を実施しております。また「Sony Startup Acceleration Program (SSAP)」の支援プログラムを経て、新たな循環型ビジネスモデル構築を推進しており、農業・畜産業・水産業・環境SDGs・地方創生・健康・食品流通など、アライアンスパートナーづくりに向けたOPEN INNOVATIONな協議の機会をお待ちしております。

八百結び®プロジェクトでは、2050年カーボンニュートラル宣言(2020年10月26日)を受けて農林水産省より発表された「みどりの食料システム戦略(2021年5月)」内で掲げられた「土壌微生物機能の完全解明とフル活用による減農薬・肥料栽培の拡大」・「耕畜連携による環境負荷軽減技術の導入」・「バイオスティミュラントを活用した革新的作物保護技術の開発」目標への貢献をめざして参ります。