pagetop

マイクログリーンと業務提携  「八百結び農法®」で新芽野菜「マイクログリーン」の完全循環型栽培 (ゼロ・エミッション)を目指す

2022.07.29

 土着微生物の活性によって土を発酵させる新しい土づくりを目指す環境再生型農法ブランド「八百結び農法®」(やおむすびのうほう)(https://www.yaomusubi.com/)を企画開発する、株式会社ユナイテッドスマイルズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役専務 佐分利 清博)は、マイクログリーン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 石坂 史織)と、新芽野菜「マイクログリーン」における完全循環型栽培(ゼロ・エミッション)の実現を目的とした業務提携を締結しましたので、お知らせいたします。

 この契機に、マイクログリーン栽培を通じて「八百結び農法®」をご体感いただける「マイクログリーンラボ」を発足。今後、ポップアップストアや、栽培キットの開発、農家さまへの生産委託なども視野に入れ、「八百結び農法®」が掲げる、“「おいしい」と「あんしん」のその先に「地球の未来」をちゃんと考える”の実現に向け、歩みを進めてまいります。

 

■ 背景
 マイクログリーンとは、「土または土に相当する培地を用いて、スプラウトより長く栽培し、ベビーグリーン(日本ではベビーリーフと呼ばれる)よりは早く収穫する」と定義されており、アメリカ農務省が「非常に栄養価が高い」と発表したことから近年関心が高まっています。

 マイクログリーン株式会社は、渋谷駅または表参道駅よりともに徒歩7分の渋谷・青山エリアにマイクログリーンを店内畑で栽培・収穫できる室内ファームを展開しています。ファームにおいて農薬と化学肥料を使わず微生物の力に注目した土づくりにこだわっており、より自然な優しい甘みと栄養価の高いマイクログリーン栽培を目指しています。

 一方、「八百結び農法®︎」は、微生物の活性によって土を発酵させる”有機微生物活性農法”です。提携に先立ち、マイクログリーン株式会社のファームにて「八百結び農法®︎」の資材(「八百結びの堆肥®︎」および「八百結びの培養水®︎」)を用いた実証実験を実施しました。その結果、収穫量約20%増ならびに明らかな味の違い(味わいが濃く、エグみがなく、甘みを感じる美味しさ)が出たことにより、「八百結び農法®︎」資材を用いてマイクログリーン育成することを中心とした提携が決まりました。

 

■ ゼロ・エミッション実現に向け推進
 2022年7月29日より「マイクログリーンラボ」を発足いたします(運営:マイクログリーン株式会社)。「マイクログリーンラボ」は、「八百結び農法®」で栽培したマイクログリーンの様子を見て・食べて・感じていただける体験空間となっています。収穫したてのマイクログリーンやそれを使用したスムージーなどをご試食いただくことで、「八百結び農法®」と一般的な方法で育てたマイクログリーンの違いを直接ご体感いただけます。

 また、「マイクログリーンラボ」では、コミュニティメンバーを募集いたします。そして、これまで収穫後に廃棄していた根や土などの残渣を再利用し、マイクログリーン栽培における「完全循環型栽培」(ゼロ・エミッション)の実現を目指して推進してまいります。

 今後、「八百結び農法®」とマイクログリーン株式会社との連携においては、ポップアップストアの展開や、栽培キットの開発、農家さまへの生産委託なども計画しております。

 

<マイクログリーンラボの様子>

 

■ マイクログリーンラボ見学の概要
所在地 :東京都渋谷区渋谷2-7-14 VORT AOYAMA101
アクセス:渋谷・表参道駅より徒歩7分
日時  :毎週(火)〜(土) 13:00~17:00
見学費用:無料
ご予約 :見学をご希望の方は下記URLよりご予約ください。
     https://tol-app.jp/s/microgreenlab
     ※ご見学は1グループ最大1時間を目安にお願いしております。

 

<「マイクログリーンラボ」に関する詳細・お問い合わせはこちら>
 https://www.yaomusubi.com/
 https://www.microgreen.co.jp/